紅葉も終わり、いよいよ冬キャンプさらには雪中キャンプの季節が来ました。
特に、雪に関しては、天気の状況により大きく変化してきますので、今後、冬キャンプ(雪中キャンプ)がどのようにできそうか、お知らせしていきます。

今回は、初積雪の情報です。
ここ2年は暖冬で、特に昨年の冬は小板まきばの里近辺のスキー場もほとんどスキーができないほどの暖冬でした。そんな2年間でしたが、初積雪は以下の日でした。

2018年: 12/8(12/3に強い霜が降りたようなうっすらとした雪景色となりましたが、1日で積雪は完全になくなったため12/8としました)
2019年: 12/6

暖冬や厳冬に関係なく、初積雪は例年この時期とのことです。
いずれもアスファルトやコンクリートの地面では1日で雪は解けてなくなりましたが、草や土の上では5cm程度の積雪があり、3~4日ほど雪景色が楽しめました。

キャンプ場内は、人や車が行き来する場所は、1日で雪はなくなると想定されますが、それ以外の場所は3~4日ほど雪景色がた楽しめそうです。

なお、今週は記録的な暖かさですが、過去2年間、12月になると連日霜が降りて、明け方は雪がうっすらと積もったようになり、日陰は午前中ぐらいまで、霜の状態が続きます。